鴨東幼稚園

えほんのへや

おもち!

新しい年が始まりましたね。子どもたちは、寒さに負けず、元気いっぱい登園してくれています。

いよいよ3学期。お友だちや先生と過ごす時間を楽しみながら、充実した園生活になってほしいと願っています。

さて、行事もたくさんある3学期ですが、今年はコロナ禍で中止になっていたおもちつき大会が数年ぶりに開催されました。自分たちでついたおもちを美味しそうに食べる子どもたち。楽しい一時を過ごすことができました。

今月は、そんな時期にぴったりな絵本を紹介します。

きょうは楽しいおもちつき!ぺったん、ぺったん、ぺたぺったん。

あらら、ふしぎ、ついたおもちが変身しちゃったよ!

おもちつきの様子が表現され、声に出して読みたくなるような絵本です。

魔法のようにもちもちの美味しいおもちが変身する姿に、ワクワクします。

ぜひ読んでみてください!

クリスマスおめでとう

つんとした冷たい空気に、ひんやりとした風。もう季節はすっかり冬ですね。

いよいよ来週にはページェント本番を迎えます。子どもたちも毎日楽しみながら、練習に励んでいます。みんなでクリスマスをお祝いするのが楽しみですね。

クリスマスを迎えるにあたって、ぜひ読んでいただきたい絵本を、今日はご紹介いたします。

クリスマスはサンタクロースが来る日?クリスマスってどうしてお祝いするんだろう?クリスマスの本当の意味はなんなのか、この絵本を読むと分かります。

クリスマスがどういう日なのか 絵本から学び、イエス様のご誕生をお祝いする気持ちで、ページェントに取り組んでいけたらいいなと願っています。

ぜひ読んでみてください。

もりのおふろ

つい先日までぽかぽかと過ごしやすい気候だと思っていたら、あっという間に空気も冷たくなり、もうすっかり冬を感じるようになってきましたね。

体調の崩しやすい季節となりましたので、手洗い・うがいに気を付けて、元気に過ごしていければと思います。

さて、今月紹介する絵本は、寒い季節にぴったりの『もりのおふろ』です。

森のお風呂にライオンがやってきて、体を洗い始めます。そこへ、ゾウがやってきたので、ライオンはゾウに背中を洗ってもらいます。ワニ、ブタ、と次々動物がやってきて…

ごしごし しゅっしゅ ごしごし しゅっしゅ♪

単純ながらもユーモアたっぷり、開放感いっぱいのお話です。ぜひ読んでみてください。

おおきなかぼちゃ

さわやかな秋風に乗って、園庭の金木犀の甘い香りが感じられるようになってきました。暑さ厳しい夏を終え、ようやく園庭に子どもたちの笑い声が飛び交うようになりました。

さて、10月といえば、ハロウィン!子どもたちも、ハロウィンパーティーを楽しみに待っています。今日は、そんなハロウィンにぴったりな絵本を紹介したいと思います。

魔女はハロウィンに向けてかぼちゃの種をまきました。今夜はハロウィン。パンプキンパイをこっそり食べたい魔女ですが、とっても大きく育ったかぼちゃはびくとも動きません。

ゴーストにも、吸血鬼にも、ミイラ男にもかぼちゃを動かすことはできません。そこへ、ちいさなこうもりが現れると…?

日本でも有名な、「おおきなかぶ」を彷彿とさせるお話。ハロウィンの季節に繰り返し読みたいお話です。ぜひ、読んでみてください。

おいもをどうぞ

2学期が始まり半月ほどが経ちました。暦の上ではもう秋なのですが、まだまだ夏を思わせる暑さが続いています。子どもたちも早く目一杯お外で遊べる日を楽しみにしています。

さて、2学期は遠足が盛りだくさん!まず初めに行くのは、おいもほり遠足です。子どもたちも今から、「おおきなお芋を掘るぞ~!」と気合十分です。そんな子どもたちにぴったりの絵本を、今月は紹介したいと思います。

くまさんの畑でおいもがどっさりとれました。くまさんは、たくさんのおいもを見て考えます。

「ひとりで食べてはもったいない!」

お隣さんに分けてあげることにしたくまさんは、ブタさんのおうちへ。すると次は…?

相手を思う優しさに、思わずほっこりしてしまうようなお話です。

優しさの連鎖する素敵な絵本、みなさんもぜひ読んでみてください。